2007年11月18日

やさしいお母さんの栄養学

子供の体力や運動能力と食事は
とても密接な関係があるのです。

近頃、子供の体力、運動能力は昭和60年辺りから
下降の一途をたどっていて
ただでさえ遊び場に困る親が多いのに
そこに拍車を掛けて悪いニュースが続きます。

それを少しでも避けるのに重要なのは食事。
でも栄養バランスなどは、栄養学を学んでいなければ
正確な事は分かりづらいものです。

これは重症の肺結核となり、玄米自然食によって
白らの病気を克服して以来自然食を主とした健康運動に
力を入れている著者の栄養学の本。

毎日漠然と献立を考えるのではなく
この本をきっかけとして栄養学を学んでみる事こそ
子供への愛情と言えるでしょう。

自然療法の大家・東城百合子先生の著作やさしいお母さんの栄養学

posted by mamanezumi at 02:44| 書籍(赤ちゃん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。